スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石油、実は無限に湧いて来る・・・のかな?

武田氏の言うとおり、化石燃料の有限説は「価格上昇のため」なのかな?
http://takedanet.com/2011/06/post_f68d.html


---------------------------------
米国科学アカデミーは2004年9月、実験室内で地球深部を再現し、無機物から炭化水素が容易に生成されたとする論文を発表。
また米国石油地質家協会(AAPG)は今年6月、「石油の起源」と題する研究会議を開催し、無機起源説を初めてテーマとして取り上げた。無機起源説は、確実に市民権を得つつあるようだ。

もし無機起源説が正しいとすれば、石油はピークどころか地球内に無尽蔵に存在し、なお生成され続けていることになる。
もちろん、その発見・採掘のための投資と技術の確立が大前提になるが、これが世界各国の政治・経済・社会に与えるインパクトは計り知れない。
人類はエネルギーに対する認識のコペルニクス的大転換を迫られることになるだろう。

文藝春秋編 日本の論点PLUS 石油資源は無尽蔵? 2005.07.28 更新
---------------------------------


同様な意見はネット検索でも見つけることが出来る。

---------------------------------

石油は元来、生物やプランクトンの死骸が降り積もって
出来たものだとされてきたが (有機起源説)、
近年、旧ソ連邦を中心に、石油は地球のマグマが
炭化水素に圧力をかけて生成したものだという
無機起源説が有力となってきた、という話である。


石油は元来、生物やプランクトンの死骸が降り積もって出来たものだとされてきた。
だから、こうした説を唱える有機起源説の学者が石油地質学会を作り、石油探査の理論を形作ってきた。

しかし、近年旧ソ連邦を中心に無機起源説が有力となってきた。
つまり、石油は地球のマグマが炭化水素に圧力をかけて生成したものだという説である。
主流派の有機起源説学者は、これらの説を取るに足りないと否定してきたが、最近になって数多くの反証が挙げられるに至り、ついに6月、米国石油地質学協会が有機学者と無機学者を集めて討論会を行うまでになった。

多くの反証とは、ベトナムやマレーシア等世界各地で通常の堆積層のはるか下から巨大な油田が発見された。これは基盤岩と言われるいわゆる岩盤であり、そのような固い岩の隙間に なぜ生物の死骸があるのかという問題が提起された。
有機起源説学者は、上層の石油が染み込んで溜まったものだと言っているが、その規模ははるかに大きい。

また下からマントルが吹き出た地層の上に石油がある。
これは、地下のマグマが炭化水素を圧縮して石油化したのではないかと思われる。
地中にも、また深海底でもマグマからメタンガスつまり炭化水素が吹き出ていることが知られている。
メタンガスは何も生物の死骸から出るに限ったことではない。

また、木星の衛星であるイオに炭化水素があることがロケットをイオに接近させてわかった。
隕石には炭化水素が含まれており、宇宙には多くの炭化水素があることがわかってきた。
そうなれば、一定の圧力と温度を与えれば炭化水素は石油の組成に変成する。
原油の中に必ずダイヤモンドの微細な結晶が含まれているのは、
こうした高温高圧で炭化水素が圧縮された過程なのではないかとのことだ。

もし無機起源説が正しいとなると、これまでの石油探鉱地区はがらりと様相を変える。
つまり、大陸プレートとプレートがぶつかり合う断層や地溝帯に石油は存在するということになるからだ。
それでは今世界の石油資源の大半を埋蔵しているアラブ諸国の石油資源はどうかというと、これが見事に一列に列を成して油田が存在している。
それはアラビアプレートとユーラシアプレートがぶつかり合ってできた断層上に存在することが無機起源説学者によって示されている。
スポンサーサイト

熱中症に注意しましょう!

節電が大切とはいえ、お子様やご高齢者の場合は限度があります。
体調不良を起こしては、それこそ大変です。
あまり気にせず、エアコンを使いましょう。
でもガンガン効かすのではなく、控えめがいいと思います。
冷やしすぎは、良くないからです。

この電力不足の中、私はエアコンを使うのを躊躇っていました。
(職場は8階なので、風通しも良くエアコンの必要性をあまり感じませんが…)。

しかし、武田教授のブログを見て共感しました。
転載しますので、ご興味あるかたご一読ください。

●武田邦彦(中部大学)ブログより
http://takedanet.com/2011/06/post_f68d.html
--------------------------------------------
日本の未来は暗いのか?(1) エネルギー


石油・石炭・天然ガスなどの化石資源は枯渇しない。いくらでもある。
地球は膨大で、今の人間の活動がいかに活発と言っても、地球から見ると小さいからだ.


「地下資源は限りがある」
「それを湯水のように使っているので、やがて無くなる」
という話は余りに雑すぎる。


確かに「節約」は大切だが、「節約が大切」ということと「石油が無くなる」というのは関係がない。
「節約」は石油がなくなろうと、無限にあろうと、それとは無関係に心の問題として大切なのだ。
資源が無ければ節約、あれば浪費というのでは情けない.


・・・・・・・・・
地球が誕生してから今までの地球の変化から、石油・石炭・天然ガスのように「還元された炭素」がどのぐらいあるかを計算してみると、

寿命=500万年

となる。


そして、その多くが比重の関係で、人間の手が届くところにある。

計算の詳細は省くとして、肝心なことを2つ。


・・・1つ目・・・
【いい加減な専門家】


1970年における専門家の「石油寿命の予測」=40年
それから40年後の2010年における専門家の寿命予測=43年

つまり、枯渇すると言われた2010年に石油寿命は3年だが、増えている.

(その理由)石油の価格をつり上げるため。


このことがハッキリしているのに、まだ多くの人は「石油はそのうち無くなる」と脅されてトイレットペーパーを買いあさった時代の先入観が抜けていない。
専門家もマスコミも罪作りをするものだ。

・・・その2・・・

2010年に大問題になった尖閣列島。その下に原油が眠っているということが判ったので、中国は領有権を主張した。

尖閣列島の下に眠っている石油は1500億バレル。ここだけで日本の100年分。

でも、まだ掘らない。理由は世界のあちこちにもっと安価で良質の石油が一杯あるからだ。日本政府が血眼になって尖閣諸島の石油を掘り出してから、どんなに短くても100年はあるということだ。

原発が無くてもエネルギー資源はまったく問題が無い。

・・・・・・・・・
石油・石炭・天然ガス・メタンハイドレード・オイルサンド・オイルシェール・シェールガスなど豊富な石油系資源は、どんなに少なく見積もっても1000年はある。

1000年前と言えば紫式部だ。そこまで心配しなくても良い。

資源は豊富にある。

日本の自然を破壊してまで、休耕田を潰してまで太陽電池を敷き詰める必要は無い.これも国民を不安にさせて一儲けしようとしている人たちの陰謀だ.

もう、そんなことにひっかかりたくない。よく未来を見て自分たちのことを考えているアメリカも中国もエネルギーの節約などやっていない。

若者は節約しなくても良い。大いに羽を伸ばし、元気にやって欲しい.

日本社会は1990年から「うつ病」にかかり、それを利用してもうけようとする人たちが暗躍してきた。福島原発を機に、私たちは明るい未来を見よう!!

(平成23年6月28日 午前8時 執筆)


野生と人間

各地で、くまが住宅地に出現しています。
実際、目の当たりにしたら、とても驚いてしまうことでしょう。
森で暮らして欲しいものです。

くまは、キャラクターとして大人気です。
ねずみも、ディズニーで。
しかし、実際に会うとなると別なのでしょうね。

COP10の開催されている今、動植物の環境、人間との共生を望みます。
彼らの生息地を脅かしている人類。
開発という環境破壊は、彼らの静かな暮らしを変えてしまっているのでしょう。

がんばって!

口蹄疫の蔓延が懸念される宮崎県。
家畜農家の方のご苦労や無念さは、想像を遥かに超えたものがあると思います。
がんばって乗り越えてくださいとしか言えないけれど、解決の方向に進むことを祈っています。

【数霊セラピーシステム】 不思議で楽しい、家族で使えるセラピー機器!2010年6月5日(土)体験&説明会のお知らせ

不思議な機械をご紹介します。

「引き寄せの法則」や「自己実現」「能力開発」など、手助けになるとユーザーから好評を得ています。

魔方陣や数の法則といったものを応用してプログラムされています。

機器の詳細は、公式ホームページでもご覧になれます。
http://www.kazutama.info/

開発者の吉野内様を迎えて、説明&体験会を開催いたします。

ご興味ある方は、ぜひご参加ください。


●数霊セラピーシステム、説明&体験会
http://www.takecare.jp/kazutama/therpysystem.html

【日時】 2010年6月5日(土)14:00~17:00
【会場】 マイ・スペース&ビジネスブース池袋西武横店 ※JR池袋駅より徒歩約3分
【住所】 東京都豊島区南池袋1-16-20 ぬかりやビル2階 TEL03-5960-0056
【参加費】 2,000円(コーヒー or 紅茶付)
【定員】 10名
【お申し込み、お問い合わせ】
http://www.takecare.jp/kazutama/therpysystem.html

●吉野内聖一郎について
http://www.ihmdolphin.com/
プロフィール

テイクケア店長

Author:テイクケア店長
2006年4月1日から毎日24時間同じ竹布Tシャツを、合計122日間着続けました。
臭わず清潔・爽やかでした。

天然の抗菌竹繊維「TAKEFU」に出会い大感動しショップを創める。竹布を広めていくことをミッションとしている。
竹布のテイクケア

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。